いつかは経験する女性の更年期という期間について

女性の更年期について
女性ならば必ず経験することになる更年期という時間。多くの女性は50才くらいで閉経しますが、その前後5年ずつおよそ10年間を更年期と呼びます。

それまで定期的に始まっていた月経周期が不規則になり、個人差は多少見られますが40代から50代になるとプレ更年期という症状も現れます。

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することで、その状態に身体がすぐに対応できず発症します。症状には精神的なものや身体的なもの、神経的なものとさまざまです。

精神的な症状では頭痛や肩こり、めまい・不眠・不安・イライラが、胃腸系の症状では吐き気に下痢・便秘・胃もたれ・胸焼けなどが現われて来ます。

更年期というとホットフラッシュと呼ばれるのぼせや発汗が代表的に知られていますが、そのほかにも頻尿や尿失禁など外出に躊躇って仕舞う原因となるような状態が続き、生きていることすら辛いと思うほど追い詰められる日人もあるほどです。

このような更年期の辛い症状を緩和するのに有効とされているのが、大豆成分である「イソフラボン」やイソフラボンの代謝物である「エクオール」です。

大豆成分であるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするといわれ、エクオールはイソフラボンの代謝物であるダイゼインから腸内細菌によって活性化しますが作れる人と作れない人に分かれます。

これは食生活の変化によるもので、日本人の2人に1人は作ることができません。

そのような場合は、市販されているサプリメントを上手に使って、辛い症状を改善しましょう。