さぁ、はじめましょう!基本のスキンケア

基本のスキンケア

スキンケアというのは、お肌のお手入れをするという意味。
健康で美しいお肌を保つためには、お肌を清潔にして乾燥を防ぐのが基本です。

しっかりお肌を守る化粧品を上手に使い、毎日続ければいいのですが、逆に忙しい毎日のローテとしてつい自分流におろそかになってしまっていないでしょうか。
そこで基本のスキンケア・アイテム「お肌を守る化粧品」を使って、乾燥や肌荒れなどのお肌トラブルを予防していきましょう。

スキンケア・アイテムの基本は5つ。

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリーム

この5つのアイテムには、それぞれに、お肌の洗浄、保湿、新陳代謝をうながす、お肌の保護の役割があって、どれも大切なアイテムなのですね。

1、洗浄

1日の終わりにメイク汚れやほこりなど、汗などの汚れを落とすのに必要です。
ここでのポイントには、ダブル洗顔

最近は、クレンジングと洗顔が一緒になっているタイプのものも多いですが、やっぱりこれは別々にするほうが効果的なんですね。
その理由は、クレンジングはメイクの汚れや日焼け止めを落とす役割で、洗顔量での洗顔はクレンジングで落とせなかった皮脂やほこりを落としてくれるからなのです。

だからクレンジングと洗顔が一緒にタイプよりも、別になっているクレンジングと洗顔量でダブル洗顔で、一日のお肌の汚れをしっかり落とすことができるんです。

 

2、保湿

化粧水をお肌につけることで、保湿になります。
しかし、化粧水をつけただけでは、過乾燥というひどい乾燥状態になる可能性があるのです。
このとき、油っぽいタイプの肌の方は、皮脂が多いからと化粧水だけで終わってしまうかもしれませんが、保湿の後の美容液とクリームも重要だと認識しましょう

 

3、新陳代謝

お肌の新陳代謝のために、美容液を付けましょう
その人にあった美容液は、お肌に栄養を与えることでお肌を元気にしてくれるのですね。
細胞の働きをサポートするので、美容液を使っている人と使っていない人でスキンケアの度合いが違ってくるほどです。

 

4、保護

お肌の保護のためには、クリームが必要です。
洗浄、保湿、新陳代謝の栄養をつけたのに、最後にクリームで締めないと、全て蒸発しちゃいますよ
スキンケアのために塗った栄養をお肌に閉じ込めるふたの役割が、最後に塗るクリームなんです。
保湿は、お肌を潤った状態に保つ、保護は、潤いを守るという違いがあり、セットになっているんですね。

 

これが基本的なスキンケアですが、保護のアイテムには、乳液もありますね。
乳液は、クリームに比べて水分が多くてベタつかきが少ないのですが、クリームに比べて保護力が弱いことを頭に入れて使いましょう。
洗顔をしてお肌を清潔に保つことで、化粧水のお肌への浸透力がアップして化粧崩れしにくいお肌になるんです。
ぜひ朝の洗顔からがんばって、毎日のスキンケアをきっちりこなして美しい肌になりましょう。